白血球減少の症状と健康被害

白血球減少の症状と健康被害について

白血球の減少が判明したら、皆さん心配になりますよね?

 

白血球の減少は、白血球減少症といった病気の可能性もありますが、白血球が少ないからと言って、必ずしも何か症状が出たり、深刻な病気だという事ではありません。

 

現に私の知人で、毎年の健康診断で必ず、「白血球の減少」を指摘されている方がいます。
もちろん、その度に検査を行う訳ですが、結局のところ原因は不明のままだそうです。

 

かといって、生活も普通にされていますし、特に目立った症状も無く、至って健康な生活を送っているとの事でした。

 

白血球数は、減少や増加を日々繰り返しており、健康な方の血液には5種類の白血球の細胞が存在しているのです。

 

この5種類の細胞が増減したからと言って、症状が無ければ問題はありません。

 

では、「白血球が減少したらどうなるの?」と思われるでしょう。
検査をして白血球が減少していたら、生活をしていくうえで何かしらの健康被害があるのでしょうか?

 

このサイトでは白血球の減少や、白血球に関わる症状や情報など発信しています。

白血球が減少した時の症状は?

白血球が減少したら、どのような症状が出るのでしょうか?

 

健康診断などの結果で、突然「白血球が減少しています。」なんて言われたらどう思いますか?
白血球についてよく分からないだけに、「深刻な病気なんだろうか?」とか「白血球が減るとどうなるの?」と考えてしまうことでしょう。

 

白血球が減少した時の症状。

 

実は白血球の減少自体では症状が現れないのです。
白血球の主な役割としては、細菌などが外部から侵入した際に、体を細菌から防御する役割があります。

 

例えば「細菌に感染しやすい」といった弊害が上げられるのですが、それは症状というよりも、白血球が減少した時の結果に過ぎません。
殺菌された場所に閉じこもっていれば、細菌には感染しないので健康面に関しては安全といえます。

 

白血球が減少すれば、細菌に感染した時の抵抗力が無いため、結果として細菌に感染してしまい、他の重大な病気を招いてしまうのです。

 

例えば、白血球が減少した時に軽い風邪を引いてしまった。

 

普通ならば、風邪薬を飲んで寝ておけば治りそうなものですが、白血球が減少していれば、ただの風邪が肺炎になってしまう恐れがあるという事です。

 

白血球が減少したら、症状が出ないからと軽視せず、日頃の生活の中で、細菌や病原菌に敏感にならなければいけないのです。

Sponsored Link