白血球の減少と感染症状

白血球減少すると、細菌に感染した時の抵抗力が無いので、
結果として病気にかかってしまいます。

免疫力が低下した状態での細菌感染は、非常に危険であり、
重度の病気へと進行してしまう恐れもあるのです。



白血球減少したからと言って、すぐに何かしらの症状が出る事ではないので
軽視しがちですが、軽視せずに感染症状については知っておきましょう。



感染経路を考えれば外部からの細菌の侵入となります。

・発熱が頻繁に起こる
・倦怠感が続く
・のどの痛みが続く、痛みが引かない
・体に腫れや痛みが続く
・外傷(怪我)が完治しない。傷口が化膿している。

こういった症状が見られると、白血球減少症の疑いがあると言えます。



また、感染の傾向としては

・口からの感染:のどの腫れや痛み
・肺への感染:咳やタンが多い
・体内への感染:頭痛、発熱、関節痛
・消化器官への感染:吐き気、腹痛、下痢
・皮膚からの感染:傷の化膿、痛み、水疱

などが上げられます。



長く症状が続くようであれば、白血球減少症の可能性がありますので、
白血球減少と共に、速やかに医師に相談してみましょう。

スポンサード リンク

白血球の減少と対策
白血球の減少が判明したら
白血球の減少時の対策
白血球の減少と原因
白血球の減少と口呼吸の弊害
白血球の減少と免疫力
白血球の減少と感染症状
白血球減少と細菌対策
白血球減少と細菌対策〜うがい
白血球減少と細菌対策〜手洗い

スポンサード リンク

白血球の減少と診断された時、皆さんも心配になると思います。
白血球の減少が判明した時の、健康被害や対処方法についての情報です。